住宅関連

太陽光発電は必要か?

こんにちは。

ひろです。

今日は住宅の太陽光発電について書きます。

建てる前に検討した太陽熱

家を建てる時、太陽光発電は非常に迷いました。

建てる前は、太陽熱を考えていたのですが、なかなか施工してくれる業者さんが見つからず、建ててくれる所も見積を取ったのですが、かなり家の価格が高いこと、吹き抜けを推奨しているようで、私たちの希望の間取りでは難しいことで、あきらめました。

なぜ太陽熱がいいかというと、温水を湧かすのに電気をかなり使うからです。

これが太陽熱で温水を湧かせられるなら、かなり電気代の節約になります。

また、床暖房も太陽熱で湧かした温水を循環させれば、冬は暖かく快適に過ごせます。

実際、太陽熱温水を利用している方の家に冬訪問させてもらったのですが、床暖房だけで暖かいですね。

そこで、太陽熱はあきらめて、太陽光発電を検討することにしました。

 

太陽光パネルの設置について

太陽光発電はご存じだと思いますが、太陽光を浴びて発電をするソーラーパネルを取り付けします。

方法としては屋根に付けるのですが、屋根と一体型にもできますし、屋根の上に取り付けすることも可能です。

また、パネルの角度は水平よりも30度傾いて太陽の方に向けた方が発電効率がいいそうです。だからよくメガソーラーなどの施設などでは太陽光のパネルが斜めについているのですよね。

我が家の場合、屋根は太陽光パネルがいっぱいに乗るように平らにし、角度を15度につけました。

積載効率を考えるとどうしてもこうなりますが、ちょっと見栄え的には不格好です。

ただ、その分パネルが載るので、発電できる量は増えます。

よく、北向きや西や東向きに付けてる家などもありますが、ちゃんと考えて付けているのかな?と思ってしまいます。

建てる前に本当に付けて大丈夫か不安はありました。

11kwhあるので、数百万円の設備になります。

シミュレーションでは、10~11年程で元が回収できる見込みです。

一応念のため、同じメーカーさんで、同じように付けた方で2年位行っていた方に状況を聞きましたが、思っていたシミュレーションよりもかなり上回っているとのことで、付ける事を決断しました。

やはり実際に使っている方の意見や情報は貴重ですよね。

更に言えば、晴れの国岡山には及ばないかもしれませんが、私の住んでいる地域も全国的にも晴れが多い地域なので、太陽光はかなりいいようです。

発電量

ここにテキストを入力

我が家ももう2年経過しますが、発電はかなり順調で月々の支払いではかなり黒字が出ています。

我が家の毎月の発電量です。


1000kwhが黒字の目安です。

売電価格

全量売電の場合、20年契約なので、20年間買い取り金額が補償されています。

余剰売電の場合、10年契約なので、10年後の価格が下がっている可能性があります。

実際、我が家の場合、当時契約した時の買い取り価格は29円でしたが、今年は全量売電は18円、余剰売電では10kw未満では25円か26円のようです。

もっと前に契約した方は40円くらいの頃もあったと思うので、どれだけ儲かっていることか・・・

買い取り価格は年々下がってきているようですが、パネルの価格も下がってきているようですし、電気代の事を考えたら余剰買い取りでも十分だと思います。

余剰分を買い取るということは、その分電気代は浮きますし、元を取ったらあとは稼ぐだけですし。

なお、火災保険でオプションをつけておけば、太陽光パネルの破損も保険で賄えます。

壊れても最低年数は保障があるので、元はとれると思いますのでオススメです。

これもある意味不労所得ですね。

あ、もちろんですが、収入が20万を超えた場合は確定申告が必要です。

ちなみに収入計算は、経費があるので、経費を差し引いて20万です。

雑所得になるので、仮想通貨などで利益があると20万超える可能性大いにありです。

 

 

 

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください