生活

タイのお土産

こんにちは。

ひろです。

とりあえず、今回でタイ出張編は最後になります。

私は仕事でしかタイに行った事はないですが、今回も休日に到着しましたし、以前は2週間滞在したとかもあったので、休日など時間のある際にちょこっとバンコク市内をブラブラと歩いてみてます。

バンコクは首都だけあって人も多いですが、東京と違って整備されていなくて、街はあまり綺麗とは言いがたいです。

私が行った世界の都市の中では一番臭いがキツい都市かなぁと感じます。

ただ、そのぶん、露店や屋台もあって、人混みで活気もある気がします。

これは台北やソウルに行った時も感じましたが、さすがその国の首都だけあってビルは乱立してるし、人も沢山いるしで私の住んでる都市なんか田舎に思えますね。

ヨーロッパの都市では歴史を感じさせる古さもありますが、アジア圏は歴史よりも生活による汚れの方が目立つような感じがします。

ただ、韓国や台湾は日本の企業と競うくらいの電機、電子機器産業が発達してきているだけあって、それなりに街が綺麗になってきていますが、タイは日本の企業が進出してきているわりには、大きなショッピングモールに行くと綺麗なビルですし、大きな建物が沢山並んでいますが、ちょっと道を外れるとまだまだ道端は汚い感じを受けます。

さて、私がタイに行って買い物をするときは決まって買ってくるものがあります。

それはドライフルーツやナッツ類です。

ショッピングモールの中に入っているグルメマーケットというスーパーに入っている量り売りのナッツやドライフルーツを買ってお土産として持って帰ります。

色々な種類があって、100g50THBくらいから100THBくらいまでしますが、特に人気があるのが、マンゴーのドライフルーツです。

他には、キウイやイチジク、リンゴ、パパイヤ、ブルーベリー、パイナップルなどなど色々な果物がありますし、ナッツ類もマカダミアナッツやアーモンド、クルミ、カシューナッツなど豊富です。

他にもカボチャの種やヒマワリの種、メロンの種など食べられる種があり、色々買って食べたくなります。

更にはナッツとドライフルーツを両方入れた袋などもあります。

試食もでき、色々どれにしようか悩んでいると、現地の日本人の方が買いに来てる感じで、よく日本語が聞こえてきます。

ドライフルーツは沖縄では結構ありますが、本州ではあまり見かけないですし、日本のドライフルーツは砂糖がタップリかかりすぎていて甘すぎるのですよね。

その点、甘さ控えめで、アーモンドなどナッツ類も塩分控えめなので、結構食べてても飽きないです。

こちらはいくつか現場で撮ってきた写真です。


こちらはマンゴーです。左にちょっと写っているのは、砂糖が多い方で、こちらの方が甘さ控えめ、若干高めです。

こちらは椰子の実らしいです。最初、ナツメかなぁと思ったのですが、単語を調べると椰子の実と出てきました。

クコの実です。あまり日本で食べる人はいませんが、漢方食材としてよく食べられています。

我が家ではよくクコの実を使いますが、日本で買うより価格が結構安いです。

こちらはクルミです。

ちょっとかわり種でメロンの種です。

今回100gだけ購入してみました。

カボチャの種です。

ヒマワリの種です。

とまぁこんな感じで色々とナッツやドライフルーツを購入しています。

日本で同じお店があればいいのになぁと思うんですけどね。

イオンとかでやってくれればいいのですが。

イオン系列のショッピングモールも郊外にロータスと名前を変えてあります。

マックなども入っているので、郊外へ出て食事に困った時はロータスへ行くのもアリだと思います。

他はあまり買い物にでかけませんが、以前行った所ではこんな場所もあります。
(写真は昔の携帯から吸い上げるのを忘れたので残念ながら・・・)

スクンビット市場、スクンビットアーケード

私の場合、ホテルがスクンビットなので手頃にいける近場が行動範囲になります。

これらの市場などはBTSのナナ駅から歩いてすぐの所にあります。

昔ながらの露店の雰囲気があり、色々な雑貨が揃っています。

ブランド物などは偽物が出回っているので注意が必要ですが、その土地ならではのお土産を買いたいと思ったらこういった露店などで色々買うのもいいと思います。

支払いはクレジットカードではなく基本は現金になるので、現金を多めに持っていくことをオススメします。

荷物を入れるリュックなども持って行った方がよいです。

露店といえば、もう少し離れた場所にチャトゥチャックマーケットという市場がありますが、この市場は巨大で一日見てても飽きません。

週末の営業なので、週末時間がある方は巨大なマーケットに行ってみるのもいいと思います。

ブランド物といえば、タイではジムトンプソンが有名です。

ショッピングモールの中にも世界的なブランドと肩を並べて店舗が入っていますが、本店はBTSのシーロム駅からすぐの所にあるので行きやすいです。

また、アウトレットならBTSのバンジャーク駅から徒歩5分程度の所にあります。

免税の処理などもしてくれます。

日本でも楽天とかでも販売していますが、折角タイへ行くなら現地で買ってくる方が安価です。

特にアウトレットは割引率がいいので、売れ残りやサンプルだったものなどちょっとした傷物でもよければかなりな安価で購入できると思います。

子供向けの雑貨などもあるのでオススメだと思います。

【送料無料】ジムトンプソンシルク・クッションカバー(ブルー象)縦 約43.5cm 横 約43.5cm ♪飾りふちあり 
by カエレバ

女性の方が詳しいと思いますが、バッグやポーチ、服、スカーフ、食品などが売られています。

次行くときは仕事ではなくプライベートでのんびりゆっくり観光したいとは思いますが、なかなか先立つものがないですね。

片道約6時間の飛行機で、帰りも機内泊になるのでホント余裕が無いとなかなか難しいです。

今年の10連休余裕のある方でまだ予定が決まっていない方はタイに行ってみるのもいかがでしょうか?

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください