住宅関連

建築中の現場には足を運んだ方がよい

こんにちは。

ひろです。

ここしばらく仕事が忙しく、多分9月後半までは落ち着かないかなぁなんて思っています。

毎日残業2時間程度、長いときで3時間半程して帰ってくると、食事して、食器を片付け、皿洗いしたり、風呂入ったり、ゆっくりできるのはようやく夜9時~10時過ぎです。

まれに早く帰ってこれる時は2記事書けたら書いていていますが、1記事は予約にしています。

コンスタントに毎日発信の方が楽しみがあっていいですもんね。

私の記事楽しんでいただけてるのかよくわかりませんが・・・読んでくださっていつもありがとうございます。

あまりブログを作りこんでいる時間がなかなか取れず、まだまだ記事の投稿を優先してなかなかリライトで綺麗なデザインのページが作れませんが、少しずつ進歩はしていっているはずなので、気長に見てやってください。

今日は、地鎮祭の後の建築開始のお話になります。

我が家を建てたのは2年前になりますが、その前は賃貸に住んでいました。

賃貸に住んでいたとき、今住んでいるこの家の建築現場は歩いて20分~30分程度の距離にありました。

車で3分程度(信号1個)、自転車でも5~10分程度あれば十分行ける場所で、土地を購入してからは頻繁に見に行っていました。

建築現場を見ておくのはとてもいいことだと思います。

最初に周囲を囲い、地縄を張って、基礎ができて、そこからあっという間に1階ができあがります。

そこから周囲に足場を組んで、2階、屋根と続いていくわけですが、基礎ができてしばらくして1階を建てたと思ったらあっという間に2階ができ、屋根までできてしまいます。

建築現場を見に行く際持っていくものオススメ

カメラ
メジャー
スリッパ
図面のコピーとペン

カメラでの写真撮影をオススメ

時々建築現場に行って、写真を撮っておくと一生に一度かもしれない家造りなので、後々の記念になっていいと思います。

両親たちもなかなか来れないので、こういった写真は見せると結構喜ばれました。

私たちは現場の方の作業の邪魔にならないように、極力休みの時を狙って行って、写真を色々撮っていました。

それに、現場の方達がちゃんと整理整頓して帰っているかとかを見れば、家造りに対する現場の方の気持ちが分かるかなというのもあります。

あまり片付けができていないと、ちょっとがっかりしてしまいますが・・・

メーカーの営業さんからは「現場の方に差し入れとかは不要です」とは言われましたが、やっぱり気持ちよく仕事してもらって、きちんと仕上げてもらいたいというのもあったので、数回ですが、現場は初夏ということもあり、冷えた飲み物やお茶菓子などを持って行きました。

DIY好きなら使えそうな廃材はもらえたらもらっておく

廃材置き場に行くと、使えそうな大きな木の板とかがたまに残っていたので、営業さんに廃材を持って行っていいか確認して、結構色々な木材をもらいました。

そのおかげで、高さ2000㎜×幅800㎜×奥行200㎜の棚を作ったり、ゴミ箱置き場を作ったり、外でウッドデッキから降りれる踏み台にしたり、座れるような台を作ったりとしてますし、玄関のタイルも余っていたので花壇の仕切りなどに使っています。

もっと早くからもらえたらもっとよかったのになぁと思いますが。

何度も足を運ぶと変化に気づく

何度も足を運んでカメラに収めていくと、進捗状況がわかります。

設計中気になっていた箇所がどのようになっているのかを確認したり、ある程度できあがってきた段階であれば、引越した際の家具の置き場を確認しておくのもいいと思います。

そのために、ある程度壁などもできた段階でメジャーを持って行き、測定をして、図面に家具の想定を書いておくと引越の際の家具配置でアタフタしないと思います。

行き当たりばったりで新居に引越したら、実はドアの枠の出っ張りやスイッチ、コンセントなどで物が置けなかったなんてことのないように・・・

壁紙を貼るまではスリッパが必要

壁紙を貼るところまでくると建築はラストスパートになります。

ただ、その前まではやはり中で木を切ったりすることもあるので、靴下だと真っ黒になりスリッパは必須です。

ということで、建築現場には何度か足を運ぶ事をおすすめします。

我が家では写真を撮りましたが、メーカーの営業さんは別途地鎮祭の時から完成まで写真を撮っていて、動画にしてDVDに焼いてくれました。

中を見たら・・・・別の方の写真が少し入っていたので笑ってしまいましたが・・・それでも我が家では大切な記念品です。

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください