資産運用・節約

エクセルで無料でできる簡単家計簿 我が家の家計簿2019年12月

こんにちはひろです。

今月も恒例の家計簿です。

1.収入の部
2.光熱費関係
3.支出の部
4.まとめ

1.収入の部

働き方改革のおかげで残業は減りました。

ただ、その分残業代も減っています。

給料がなかなか上がらないなかでは残業を減らして他に収入を得たいところですが、副業解禁の企業はまだまだ少ないですし、かといって、妻に働いてもらっても103万を超えると今度は扶養から外れてしまい、129万まで働いてもらわないと厳しいですし・・・

そんなわけで、マルの今月の給料も働き方を調整してもらい、今年はギリギリ102万弱で収まりました。

この状態ではなかなかこれ以上の収入を上げるために副収入を得ることが難しいですね。

投資で儲けるか、こっそり会社にバレないように復業するかしかありませんよね。

一応、12月はボーナスと年末調整のおかげで、この収入の他に100万弱の収入がありました。

控除の部は毎月ほぼ横ばいですので割愛します。

だいたい11万弱が毎月引かれています。

2.光熱費関係


12月に入り毎日タイマーで床暖を付けています。

床暖を付けると足先の冷えが全然無いのでかなり重宝しています。やはり床暖様々ですね。

そのおかげで少し電気代は増えましたが、床暖での使用量は月100kwhも無いようです。

先月から比較しても70kwh弱しか増えてないので、使用開始時期と請求時期のずれはありますが、給湯器の方が利用電力が大きいようです。

携帯はソフトバンクからワイモバイルに替えて1年と4ヶ月程経過しました。

2年目からは二人ともプラス1000円ずつ基本料が値上げされましたがソフトバンクの時と比べ7500円位は得のはずです。

ワイモバイルに替えて2年目でも年間で9万円近くが浮くので、近場の旅行に行ったりちょっとした家電などが買えてしまいます。

生活費が苦しいと言っている人でドコモやKDDI、ソフトバンクなど大手キャリアを使ってる人は他の安いキャリアの方が断然お得です。

実際、料金体系の見直しとか、ギガ放題だとか言ってますが、あんな大容量の送受信を外出先で使うような料金体験や余計な付属のモノつけたところで要らないモノが多いので、安くしてくれる方がいいに決まっています。

最近は2年縛りも安くなったようなので、楽天ポイントを貯めてることから楽天モバイルに変えるのもアリかも・・・と考えていますが、まだ変えるのは様子見な感じです。

3.支出の部


12月の大きな支出は私の車の点検でバッテリーを交換しています。

また、12月末はマルの実家に帰省のため移動などで交通費や帰省でのお土産などいろいろと散財しました。

ただ、その分ワイワイと賑やかに楽しく過ごせました。

4.まとめ

12月は11月と同様の給与収入でしたが、今回に別計上しているのはボーナスと年末調整での還付です。

この別計上がかなり効いていますね。

普段支出の中に入れている7万の貯蓄が年間で84万、ボーナスなどの臨時収入と年末調整の還付も入れると346万円が今年は労働収入によって家計に資金が追加されたようです。

正直、口座にはそんなに増えてる実感は無いですが、色々な口座に分散しているのでそこそこ増えているのだろうとは思っています。

労働収入の場合、給料も残業代も限界にきているので、現状維持ができればいいですが、2019年の年初は結構残業が多かったので、2020年は働き方改革で少し収入が減ると予想してます。

更に、本業の売り上げもイマイチ振るわないので、ボーナスも今後は微妙な見込みで、現状維持できればいいところです。

そして2019年は消費税が上がった事で2020年は支出が増えるので年間貯蓄額は減少する見込みですが、250万の貯蓄はキープしておきたいところです。

大きな支出は今のことろ私の車の車検ですが、今年は町内会の役で家に極力居る必要があるようなので遠出や旅行はできないようなので、旅費交通費は減りそうな感じです。

ホントこの先の事を考えるとウチの会社も副業を解禁してほしいところですが、なかなか難しいですね。

アフィリエイトのアクセストレード

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください