病気(潰瘍性大腸炎)

大腸内視鏡検査用の食事

こんにちは。

 

ひろです。

 

今回は毎年1回行っている大腸内視鏡検査の話をします。

今年は今週の土曜日となります。

 

 

いつも土曜日に行っていますが、朝8:30頃からはじまって、帰るのは夕方5時頃になります。

 

内視鏡検査自体は30分程度で終わるのですが、これがとても大変です。

 

 

 

実は検査は土曜と言っても、前日からもう準備は始まっているのです。

 


前日金曜は、内視鏡検査の時よく腸壁が見えるように、検査用の食事を朝からしなければいけません。

 

 

この検査用の食事がなかなか難しいんです。

 

白米、うどん、りんご、豆腐などは食べてもOKですが、魚は種類を選ぶし、肉もササミだけOK、海藻類、キノコ類も駄目。

 

バターや牛乳、果汁ジュースなどもNGです。

 

リンゴはいいのにレモンやミカン、イチゴ、キュウイフルーツはダメだったり、白米はいいけど、玄米や発芽米はダメだったり、食パンはOKだけど、食パンの耳はダメだったり・・・

なかなか食べるモノを選びます。

 

 

そこで病院や薬局では検査する方が食事に困らないように、検査用の食事を売っているんですね。

 

これが3食分で約1300円位だったと思います。

 

我が家では最初の時、ホントに素うどん、リンゴだけで過ごしたんですよ。

 

その後は、素うどんとリンゴに懲りて、1回買いましたが、その内容を見て、レシピをコピーし、次の時に備えるようにしています。

 

 

そう考えると味気ない食事は辛いモノがありますね。

 

入院して流動食とかをされてる方はホント毎日飽きてしまうのだろうなぁと思います。

 

そんな食事を普段から味わいませんが、こういった検査食を食べるということで、やはり健康のありがたみがわかります。

 

食事が終わったら、いよいよ本番当日になりますが、前日の食事の後も大変です。

検査当日の話についてはここまでとします。

 

 

 

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください