未分類

西日本豪雨の洪水記事について思う事

こんにちは。

 

ひろです。

 

きょうは新聞の記事を見て思う事を書かせてもらいます。

今月初めに発生した倉敷市真備町の洪水は本当に驚きました。

 

まるの実家は倉敷のため、連日の雨で心配していて、当日の夜中ちょうどTwitterで岡山周辺の方から爆発が起きたという記事が出てきていました。

その翌朝。Twitterを見たら既に洪水で助けを求めている方が大勢いて、びっくりしてしまいました。

 

幸い、まるの両親、兄弟姉妹は高梁川の洪水が起きた反対側の方(倉敷駅の近く)や、岡山の方に住んでいるので、全く被害はなかったようです。

ただ、夜中の爆発の音は岡山市内でも聞こえたらしく、爆発現場から数十キロは離れていたらしいのにすごい音だったようですね。

 

弟夫婦の方は、避難指示が出てたらしく、実家の方に泊まりに行くと電話があったきり、連絡が来ず、家の方にも来なかったようで・・・イオンの方に避難するよう指示されたとかで、実家には行かなかったようで、相変わらずだなぁと私たちは笑っていました。

 

あの洪水から2週間以上が経過し、連日晴れの日が続いていますが、今度は酷暑が続いていますね。

私たちも何かできないかなと思い、少額ながら倉敷市の方へ寄付をさせてもらいました。

ふるさと納税でとも考えましたが、返礼品の事も考えず、まるまる復興に使ってもらった方がいいかなという想いから寄付というかたちをとりました。

 

そんなか、今日のネットではこんな記事が出ていました。

岡山県、宿泊キャンセル10万人 豪雨で推計、減収額は10億円

 

色々な理由があるとは思います。

電車が不通になっている所もあるようですし・・・

でも普通に行けるのであれば、行って観光してあげて欲しいなぁと思います。

金は天下の回り物とは言いますが、観光でお金を使うことで、その地方の方達も潤う事ができるので、こういう時だからこそ行ってあげるというのも、間接的なボランティアとか寄付にはつながるのかなと思います。

美観地区は何も被害は無いようですし、真備は私の地理感からしても倉敷の駅からは数十分の時間がかかる所で、川の反対岸なので全く様相が違うと思っています。

とは言っても、私自信年末年始や夏休み、ゴールデンウイークや義理の家族に何かあった時などなどでしか遠いのでなかなか倉敷には行けませんが。

まるの知り合いでも真備に住んでいた方がいるようなので、心配ではありますが、一日も早い復興を願います。

 

そして我が家ですが、我が家でもひとごとだとは思っていません。

というのも、我が家は近くにわりと大きな川があります。

将来的に異常気象で雨が多くなったとき、どうなるかはわかりませんが、イザというときのためにゴムボートとか買っておくべきかな~とか・・・そんな話をしています。

一応念のため基礎は少し上げてもらっていますが、今の川が決壊するようなことがあれば、間違い無く水浸しになる可能性があるので、地震の時の為にも非常食や飲料水、薬などなど常備して回転させているので、備えあれば憂いなしとも言いますし、非常時用の備えはしておくべきかなと思います。

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください