生活

エクセルで無料で出来る簡単家計簿 我が家の家計簿公開2018年5月

こんにちは。

ひろです。

今日は家計簿のお話をします。

1.我が家で家計簿を付ける目的
2. 家計簿の現状
3.我が家の家計簿公開
4.家計簿を付けるメリット

1.我が家で家計簿を付ける目的

以前、結婚生活で大切な事の中で家計簿を付けてるお話をしました。

家計簿を付けだしたのは、結婚当初、まるはモノを買うのはいいのだけれど、一度買ったものと似たようなモノをまた買ってきたり・・・一度とか数度使ったら使わなくなるようなモノまで購入してきたりして、明らかに「ソレ必要だったの?」と言うモノが時々ありました。本人曰くその方が時間の節約になるとのことですが、明らかに時間に関係ないものもあるよなぁと思ったので、満足できるものにたどり着かなければ次から次へと買って家計が苦しくなってしまうだろうという危機感から付けてもらうようにしました。

家計簿をつけることで、自分がどういった事にどれだけの支出をしているのか、無駄な支出や月々のやりくりをするにはどうしたらよいかが分かってきます。

その辺が分からずに買いたいモノを買いたいだけ買っていると、気づいたら家計破綻すると思ったので最初の2年家計簿をつけてもらいました。

そこで支出傾向から節約、資産運用傾向へと家計を持っていくことで金融資産を増やし、老後の家計不安に備えたいというのが私たちが家計簿をつける目的です。

今では便利なアプリなども登場し、レシートを読み取って入力すれば立派な家計簿になるようなものもいくつか登場しています。

当時は家計簿専用のノート(本)を買って付けていたのですが、昨年からは私が付けています。(まるも時々入力してくれてます)

 

2.家計簿の現状

私が使っているのはエクセルです。

まるにつけていてもらった頃は冊子型の家計簿を買ってきて付けていました。

確かに書く方が楽だとは思います。

ただ、冊子の家計簿だとかさばるし、家計簿つけるのにお金かけてつけるのももったいないし、見直すのが大変なので私はパソコンでする方がいいと思って、以前 まる が付けていた家計簿と同じフォームをエクセルで作って入力しています。

今では家計簿も色々ネットにアップされているので、使ってみてはどうでしょうか?

エクセルであれば後で見直す時も過去の履歴を月毎にグラフ化し、月毎の変化も見ることができますしね。

PCに最初からインストールされているエクセルなら無料ですし、エクセルが入っていないのであれば、無料でインストールできるエクセルのようなソフトもあります。

ただ、どうしても冊子で付けたいという方は、家計簿に有益な情報が載っているもの(例えば節約や時短のおかずのレシピなど)を購入することをおすすめします。

こういったものがあれば、少しは家計簿をつけるのも少しは楽しめると思いますよ。

私の場合、どうしても効率とコスパの方を求めるのでエクセルでつけていますが。

3.我が家の家計簿公開

左側_1

我が家の家計簿の左側です。

この家計簿の左側は月々ある程度決まった項目でお金の出入りがあるものをまとめています。

読んでる人、給料すくなっと思わないでくださいね(笑)

一応フォローしておきますと、当月収支はマイナスになっていますが、ここには貯蓄が7万円分計算に入っているので、貯蓄分差し引けばプラスになります。

貯蓄部分は7割は積み立てで投資信託を購入しいるので、マイナスになった場合は私の口座にある予備貯蓄から引かれていきます。

それから、交通費とか車代が多くなっていますが、自動車税の支払いが入っていたのと、新幹線の回数券を買ったからでしょうね。

二人とも持病があるため、医療保険や癌保険などはきっちり加入し、保障を厚くしています。

まるの自動車保険は年払いなのでここには入れていないです。

携帯が大手キャリアなので、変更したいんですけど、悩み中です。
2年しばりさえなければ・・・(追記:2018年8月に変更しましたので、これで更に貯蓄が増えます)

食費以下日曜品などの普段の買い物によって消費していく項目の所は日別に以下で計算していきます。

右側
日々買い物などに行くことがあるので、カテゴリーに分けています。

これによりどこにお金を使っているかが集計されてでてきます。

更に、何に使っているかを記入しておくよう各日の下に記入しています。

右下
そして、最終的に何にいくら使われているのかを見ます。

パレート図

この中で大きく消費している部分、見直しができそうな部分を少しでも見直しできたらと思っています。

当然ながら各項目の月次グラフもあるので、各月毎に何が原因で増減したかを見ていき、平均以下になるように抑えていけたらと思っています。

4.家計簿をつけるメリット

やはり視覚的にどんな物にいくら使っているのか分かることですよね。

丼勘定ですと普段の生活がプラスなのかマイナスなのか、何にどの程度のお金をかけているのか分からないと思います。

特に二人で生活していると、余裕あると思って好きな事をして生活していたら、ある日貯蓄が底をついたなんてことになりかねません。

余分な出費を少しでも削っていけたらなぁと思っています。

やはり今一番削りたいのは交通費でしょうか?

それとも、お菓子のような食費その他部分でしょうかね。

先行投資をかけて勉強のため交通費をかけて通っていますが、モノにならなければ交通費も無駄になってしまうので、交通費とリターンを考えてくれれば・・・とは思います。

今はまだいいのですが、年間それだけのお金、独学で本を沢山買うか、遠隔で参加できるようにするか考えた方が、その分浮いて二人でどこか旅行に行けるのになぁと愚痴を言いたくなることがあります。(笑)

ただ、それだけではなくて、趣味として、気分転換になっているのなら仕方ないのかなぁとも思いますが・・・

あと、やはり起業を考えていますが、そのうえでは売買の記録もきちっと付けて締めて行く必要があります。

赤字経営かどうか、利益がでているのかをきっちり管理できないのに起業はできないと思っているので、起業のための下地としてお金の出入りを管理していたいと思っています。

ただ、メルカリなどのオークションなどで購入したものやネットで購入したモノ、売ったモノがなかなか書き出せてもらえていないので、今後きっちり出してもらいたいと思っています。

家計が苦しかったり、旦那さんが趣味などにお金を遣って一切家にお金を入れないという奥様は相当大変だと思います。

が、きっちり家計簿を付けて、家計簿をつけ証拠を見せることでどれだけ大変か、この先の見通しなど家族間で話し合えるきっかけにもなれたらいいなと思います。

 









イオンクレジットカード

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください