病気(潰瘍性大腸炎)

潰瘍性大腸炎の原因 その3

こんにちは。

ひろです。

前回は私が潰瘍性大腸炎の原因と考えられる原因その2.食べ物に問題があり、腸内細菌に変化が起きたについて話をしました。

1.極度のストレス

2.食べ物に問題があり、腸内細菌に変化が起きた

3.体の冷やしすぎによる免疫力の低下

4.湿布薬の常用によるもの

今回は 3.体の冷やしすぎによる免疫力の低下 の話をまずしていきます。

私は結構暑がりなのですが、冷え性でもあります。

冬は職場で膝掛けを使っていますが、厚い靴下とヒーターを使っています。

冬はもちろん室内は暖房なのですが、それでも足先が冷えて、酷い時には足先の感覚がなくなる程です。

時々パソコンのキーボードを打つ手先も冷えるので、指先の無い手袋をして仕事してることもあります。

ところが、春になると暑くなってきて、汗をかきはじめ、周りの人はまだ長袖を着てる時期に早々と半袖になります。

そうすると、夏はものすごく汗をかくので冷たいモノが欲しくなるんですね。

今の時期も冷房を入れてるにもかかわらず、冷房の温度が高いとベタッとした汗をかきながら仕事をしている状態です。

当然、夜寝る時はエアコンです。

10代の学生の頃は冬でも半袖で過ごせるくらいの寒さの耐性がありました。

20代の若い頃は10代の寒さへの耐性もあったせいか、北海道に転勤で住んでいたときも、氷点下になるまではコートを着ないでも平気でした。

ただ、そんな生活をしていたせいもあるのかもしれませんが、体を冷やす事にあまり関心がなかったのです。

ところが、最近は体温が高い方が免疫力が高く、体温が低い人は癌になりやすいという話を聞きます。

私も上記のように生活していたせいか、独身時代は体を冷やしていたので、免疫力がかなり低下していたと思われます。

その証拠に季節の変わり目になるとよく風邪をひいて、なかなか治りにくいと言う状態でした。

ホント風邪をひいてる期間は1年の3分の1くらいあったかもしれません。

潰瘍性大腸炎を発症してからは、まるの気遣いもあり、体に気をつけるようにした事、自宅を床暖房にしたこともあり、冬も風邪をあまりひかなくなりました。

発症する前の直前も、東南アジアに滞在ですから、もちろん暑くて、氷の入ったジュースなどをよく飲んでました。

そのせいで体が冷えていたのもあるのでしょうが、ホテルの部屋も冷房ガンガンにかけてました。

ホテルの部屋で暖房を切って仕事に出かけると、帰ってきたときものすごく暑かったんです。

それで一日中冷房をかけていたわけですが、発症する前日は、シャワー浴びた後、上半身裸でそのまま疲れてベッドの上でウトウトしてしまったんですね。

これがいけなかったのかもしれません。

上半身裸で布団もかかっておらず、クーラーの冷風が直接かかってきていたので、そのまま体が冷やされてしまったと思われます。

体温がものすごく下がって、体に異変を来した可能性があるかもしれません。

腹痛で気づいた時には2時間程上半身裸で寝てた状態でした。

発症して以来、冷たいモノは極力控えています。

アイスクリームやかき氷、夏でも冷たいジュースなどは極力飲まず、夏でも暖かいお茶などを飲むようにしています。

とは言ってもどうしても食べたくなること、ジュースを飲みたくなることがあるので、まるが欲しいと思う時は遠慮せずに食べてもらって、私も一緒に食べたり飲むようにしています。

もちろん冬は着込むようにして、体を冷やさないようにさせています。

風邪は万病の素ともいいますが、冷えも体にはよくないと思うので、潰瘍性大腸炎の原因ではないかもしれませんが、体を冷やさないようにした方が良いでしょうね。

そして次に4.湿布薬の常用によるもの について書きます。

発症する前ですが、一番最初に書きましたが、私は発症する1ヶ月半前に交通事故に遭いました。

信号待ちしてたところへ追突されています。

後ろから変な急ブレーキの音が聞こえると思って後ろ振り向いたら、

「ぶつかるやんけ」

って思った瞬間、勢いで走ってきた車が案の定突っ込まれました。

てな感じで事故に遭いました。

 

ただ、その当時は仕事も忙しい状況だったので、なかなか病院に行けませんでした。

首にコルセット巻きながら仕事をしてました。

湿布も病院でもらって、肩と腰に合計4枚貼ってたんです。

そう毎日貼ってました。

 

出張に行く前も、出張中も毎日湿布を貼っていました。

よくよく湿布のパックに書いてある取り扱い説明の欄を見ると、「副作用による胃部不快感」

と記載があるではないですか。

 

で、ネットで湿布による副作用を調べると・・・

「消化器系潰瘍・・・」

などが出てきます。

この病気って副作用のせいなんじゃ???

と疑いたくなりますよ。

薬害でかも? と思ってしまったレベルです。

 

正直色々な事が重なっているので、主原因なのかなんなのかわかりませんが、1ヶ月半の間毎日、夜寝る前と朝起きてから湿布を貼ってたので、湿布も原因の一つになるかもしれません。

私自身元々わりと身体は丈夫な方でしたが、難病に指定される病気を発症してしまったので、今健常な方でもいつ発症するかはわかりません。

湿布薬は副作用で胃腸など消化器系に影響を与えるようですので、気をつけた方がいいです。

安易に湿布を貼って生活するものではなく、少し位の痛みなら我慢して、本当に痛いときだけにした方がいいと思います。

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください