住宅関連

注文住宅購入時の資金繰りに注意

こんにちは。

ひろです。

今日は話が前後してしまって申し訳ありませんが、住宅ローンのお話です。

自己資金が豊富にある方は現金一括なんてこともできるのでしょうが、住宅購入には何百万、何千万とかかるのでそんなに資金を一括で支払いができる方は少ないでしょうね。

我が家ではそこそこの金融資産があったので、土地は一括支払いができましたが、住宅の方はそうはいきませんでした。

そんなとき、住宅ローンを借りるのですが、借りる時に注意しなければいけないのが、ローンの実行時期と引き渡しの時期がずれることです。

住宅メーカーさんの方ではだいたい契約時100万、最終契約確定後+α(一条さんの場合は引き渡し後最終精算用に80万)の現金が最低必要になりました。

最低でもこの180万の現金はなんとか工面していかないといけませんが、その後、着工開始時、中間時、引き渡し時の3回位に分けて分割もしくは一括で入金が必要になってきます。

というわけで、そこまでに資金が足りなければ住宅ローンを借りる手続きを金融機関としなければいけません。

しかし、この住宅ローンを借りる時にも色々とお金が必要になってくるケースがあります。

金融機関によっては、住宅ローンの開始が引き渡し後に開始したり、引き渡し前から実行することもあります。

ただ、本来金融機関は引き渡しまでの間は担保がないと実行に移せないので、通常はつなぎ融資というものが発生します。

金融機関や注文住宅ではない物件によっては住宅ローンの支払の実行が、引き渡し前に始められるケースもあります。

つなぎ融資とは

住宅ローンを申込んだとき、実際に融資がおりるまでのあいだ組むことができるローンのことです。

つなぎ融資で借りたお金は、購入した土地や物件にかかわる支払いのみに利用することができます。

なぜ、つなぎ融資が必要になるかというと、住宅ローンは、物件を担保にして契約するため、基本的に物件が“完成”してから組めるようになっています。

そのため、契約してから作られる「注文住宅」の場合は、物件が完成するまで住宅ローンを組むことができない事が多いです。

つなぎ融資を利用すれば、自己資金が少なくても「注文住宅」を購入することができるのがメリットですが、デメリットとして通常の住宅ローンにくらべて金利が高く、融資事務手数料などの諸費用がかかってきます。

この融資事務手数料が結構高く、数%、10万円以上は最低かかるとみておいた方がいいです。

つなぎ融資が必要なかった金融機関で契約

我が家の場合、つなぎ融資は必要がなかったので、それほどつなぎ融資に詳しくはありませんが、住宅ローンを契約し、引き渡し前より先行してローンの返済が開始されました。

ただ、そのかわりほぼ賃貸の家賃と同額の住宅ローンを半年程賃貸に住みながら引き渡しまで支払っていたので、数十万にはなります。

どちらがよいかはわかりませんが、いずれ払うものであればつなぎ融資よりはローンを先行して支払いをした方がいいと思いますが、その分支払えるだけの自己資金は用意しておかないといけません。

なかなかこういった細かい部分は住宅メーカーさんでも見積に乗って来ないことがありますので資金管理に気をつけましょう。

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください