病気(潰瘍性大腸炎)

血液検査でわかる症状の程度

こんにちは。

ひろです。

 

今日は血液検査について書きます。

 

潰瘍性大腸炎になってから3ヶ月の血液検査は欠かしていません。

血液検査の結果で状態がいいのか悪いのかが分かるようです。

 

炎症反応を見ているそうです。

 

炎症反応の部分はCRP定量というものを見れば良いそうです。

 

通常0.3以下だそうで、

 

特に問題なければ0.1~0.2の範囲で毎回収まっています。

 

ただ、何か具合が悪いと、ここの数値が30とかに跳ね上がります。

 

実際、私が罹患した直後は47とかありました。

 

この数値が落ち着くまでは下痢が落ち着きませんでした。

 

ある程度症状の落ち着きと共に数値も下がるようです。

 

私の場合、炎症反応よりも、コレステロールが気になります。

 

コレステロール値は平均よりやや上の数値で

 

だいたいいつも230あたりです。

 

主治医の先生からも、いつもコレステロール値には突っ込みがはいります。

 

若い頃運動していましたが、結婚して運動をあまりしなくなり、仕事も外勤から内勤でパソコンと一日にらめっこ。

家に居ても、読書かパソコンか・・・のような生活が多いので、運動してないとコレステロール値がすぐ上がります。

 

しばらく運動してると170くらいまで下がるんですけどね~・・・

 

動脈硬化とか血栓が気になってくる年齢なので、食事と運動に気をつけなければと思っています。

 

3ヶ月に1回ですが、これで検査費用と診察をすると3500円位かかっています。

 

年間にすると4回で約1万5千円ですね。

 

少しでも節約したいのもそうなのですが、血も3本分抜かれるし、やっぱり注射器刺されるのって嫌な気分ですよね。

 

注射針刺されるとき、一瞬チクっっとしますが、つい注視しちゃいます。

 

症状落ち着いてるし、4ヶ月とか半年に1回でもいいんじゃないのかな?

 

と思い始めています。

 

これが3ヶ月じゃないといけないのか、それとももっと長くていいのか・・・

 

今度主治医の先生と相談してみます。

 

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください