資産運用・節約

イオンの株主優待が届きました

こんにちは。

ひろです。

今年は老後2000万円問題が勃発し、書店の投資関係の本はどこもかしこも「老後2000万」の文字が躍っていますね。

我が家では、そんなことは以前から当たりまえ。

年金は今もらっている人たちより目減りし、受給年齢を後ろ倒しするに決まっているだろうという考えのもと、自己防衛と少しでも自分達が過ごしたい生活の為に投資を以前よりしています。

とはいっても、なかなか株式に手が出ず。

私は結婚する以前からもっぱら投信と外貨、そして結婚してからは仮想通貨。

妻のマルの方は投信とアメリカETFという投資スタイルです。

株式はどうしても値動きが気になったり、しっかり調べないと痛い目にあうという思い込みがあり、なかなか手が出ませんでした。

しかし、2015年から仮想通貨を経験して値動きの激しさに慣れ、株主優待にも興味があったので、預金で寝かしておいているよりいいだろうと、以前から時々気になっていた株式の銘柄をチェックしながら狙っていました。

もともと証券口座はリーマンショック直後に開いていたのですが、なかなかてが出ずで、10年近くが経過していた感じです。

アベノミクスが始まった頃に株式もやろうやろうと思っていたのですが、外貨と投信で黒田バズーカを受け、そこそこ利益が出て満足してしまっていました。

ただ、最近は家を建て、金融資産が減り、仮想通貨で一瞬夢を見たので、少し頑張ってみて利益がでて、株主優待もあったら楽しいだろうなということで、投信なども引き続き行っていますが、少しでも余裕があるのであれば株式に手を出してみようと思いました。

さすがに、欲しい銘柄で5000円以上するのはなかなか手が出ないですね・・・

気になる銘柄はいくつかあるのですが、頑張って40万以下でしょうか。

仮想通貨なら1ビットコインとかもっとさくっと約定してしまうのでしょうが、なぜか株式だと思いきりがつかない状態です。

というわけで、いくつか気になっていた銘柄をピックアップして、株価がそろそろ底値かなという8月末頃から仕込みました。

権利確定前に上がるかなと思っていたのですが、意外に無風だったのでちょっと驚きでしたが、ありがたいことに価格が下がり、指値に刺さってくれました。

株式の購入は仮想通貨と同じで指値で簡単に買え、アプリでもできるので、ホントに簡単に購入できてしまいます。

むしろ、スマホだと投信より簡単に買えるかもって感じです。

あとは、権利確定日まで持っておき、好きな時に売ればいいのですが、我が家では配当も欲しいし、優待も欲しいし、値上がりもちょっと期待しているので、しばらく持っていようと思っています。

イオンの優待はイオン系のスーパー(ビッグやマックスバリュー、マルナカ)などで普段買い物し、イオンカードなど遣う人にとってはかなり優れていて、保有株数に応じ購入金額の3%~割引(後日還元)になるのですよね。

他にもイオンの系列のレストランや未来屋書店などで購入すると割引があるお店もあるようです。

しかも、20日30日5%OFF~の時もきっちり割引上乗せなので、イオン系列での購入金額が高い人はホントオススメだと思います。

ちなみに、割引はその場ではなく、後から返金処理というかたちで数ヶ月後にまとめてサービスカウンターに行く事になるのですよね。

まぁ当然、株価の上げ下げはあるので、いいタイミングで購入できればいいですが・・・

今か今かと待っていた優待のカードがようやく先日届きました。

2枚あり、1枚は家族用です。

生計を共にする大人の家族であれば使えるようです。

マルの方はちょうど出かける用事があり、待合での時間つぶしのためにイオンのラウンジが30分利用できるとのことでカードを使って少しゆっくりすることができたようです。


ラウンジ入り口
 

 

 

 


ラウンジのお茶

残念ながら優待の適用を受けられるのはイオンのクレジットカードかWAONやイオンの商品券などでの支払いになりますので、イオンのクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

投資信託|セゾン投信 ひふみ投信 SBIネオモバイル証券 口座開設

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください