生活

晩婚生活4年経過。婚活時の状況。

このサイトでは私の体験や、生活していくうえでの日々の出来事などを書いていきます。

結婚したのは4年前の2014年6月1日です。

当時私は41歳でした。

そこから早4年。

今は毎日夫婦で楽しく生活しています。

婚活をはじめたきっかけは36歳~4年間

まず今日は、婚活時の様子からお話していきますね。

婚活は4年近く行っていました。

36歳の時、「この人と結婚したい」と思っていた人がいたのですが、プロポーズをする直前に二股をかけられていたことが分かり、別れました。

当時はホント大変でした。

何度かの話し合いのなか、どっちを取るのか、別れ話で深夜になったこともあり、別れた当時は精神的にもボロボロで疲れて、なんとかそれでも気力を振り絞って、仕事をしていました。

別れた直後に来た両親からの折角のお見合い話も、当時は失恋のショックから怒り狂って断りました。

それ以来両親からはお見合いの話も結婚の話もする気がなく、私が結婚するのをあきらめていたようです。

仕事をしていくうちに、気持ちも薄れ、半年くらい経った頃、別れた相手が二股をかけていたもう片方の人と結婚すると共通の知人から噂で聞きました。

それ以降もうヤバいと思って、婚活を始めました。

婚活をはじめてみて

基本的にはネットでの婚活をしていました。

某大手ネット系の婚活サイトです。

婚活サイトでも料金はピンからキリまであり、私が参加していたサイトでは年会費も安く、登録は簡単なのですが、その分ただ登録しただけで本当に婚活を真剣に行っているのかわからないような方もいて見分けるのは難しい状況でした。

そのため、きちんと自分の写真を載せて、本人と証明する方法がかなり有効だったと思います。

やはり最初の頃は写真を載せるということに抵抗はありました。

「職場の人が見つけたら笑われるかな?」とか思ってしまって。

「でも、それって、見つけた人も婚活してるんだし」と気づいたら、同じ婚活してるんだから人の事笑えないと思うんですよね。

そう考えた時に写真を載せる事に抵抗がなくなりました。

あとは、写真を見る事で気に入ってくれる方がいればいいのですが、お世辞にもテレビに出るような俳優さんとかみたくカッコイイとは言えなかったので、問題はそこですね。

登録した最初の頃はよく女性の方から連絡が来て、メールをやりとりしたり、実際にお会いしていましたが、実際にお会いした中でも1回きりで終わってしまったり、こちらからお断りしたり・・・と、なかなか続かない状況が続いていました。

一人の人とメッセージのやりとりをしていると会うまでに数ヶ月がかかり、結構時間がかかります。

そうこうするうちにどんどん時間が経過していくのですよね。

そして、時間が経つにつれ段々と新しく連絡をくれる人が少なくなってきていました。

次第に連絡を取る人がなくなり、自分から積極的に連絡を取っていかなくてはならなくなりました。

希望条件を当てはめていくと、どんどん連絡を取れる人が少なくなってくるんですね。

条件の中には年齢下限何歳~上限何歳、血液型、身長、体重、学歴、年収、出身地、住んでいる地域、婚姻歴などがありました。

そして、次第に条件を少しずつ拡げて検索をしていきました。

私の場合は、相手に対する年齢と住む地域を最初は年下から始め同世代から若干年上まで、地域も同じ市内から県内、県外へと拡げていきました。

最初は少し年下の方を対象にしていましたが、次第に年齢を上げ、同世代~3歳年上まで、同じ県内から次第に隣県、更に昔転勤で住んでいたり、出張で頻繁に行っていた所などなど、どんどん地域を拡げていきました。

女性の場合、写真が綺麗な方は申し込みが殺到しているのか、申し込みすらできなくなっているケースが多々ありました。

中には20台前半の方で結婚相手に年収1千万以上を求めてる方がいて、それはそれで、無茶な条件出しているなぁなんて思ったものです。

そもそもその方自体が年収300万程度で、1千万の人を求めても・・・確かに希望なだけなので何でもアリだとは思いますが、まずつり合うかどうかですよね。

あきらめかけた時に出会えた相手が・・・

私(ひろ)とまるが出会ったのは5年前。

距離は500キロも離れています。

「この人でだめだったら最後にして退会しよう」と思っていました。

ネットだからこそ出会えましたが、普通に生活していたらとても出会えなかったし、条件を狭めていたらきっと見つけられなかったと思います。

今はとても楽しく生活をしているので、出会えた事に本当に感謝です。

私の場合、フットワークの軽さがあってか、サイト上で仲良くなったら北海道の人だろうが、四国、九州の人だろうが旅行気分も兼ねて一度会いに行った事です。

今日のポイント

婚活で理想を追っていると、本当に大切な人を逃してしまいます。

身長や体重、血液型、学歴なんて正直どうでもいいです。

歳をとって下手したら介護する事になったとき、身長高かったら体重も重い可能性高いですよ?

今は太っていても、一緒にヘルシーな食事を食べて、一緒に運動すれば痩せる事もできるはず。

年収だって、今はその稼ぎかもしれませんが、もしかすると大化けする可能性もあるだろうし、逆に今勤めてる企業が業績不振になる可能性だってあるわけです。

そんなときどうするのでしょうか?

条件×条件×条件×条件×・・・・・・の分だけ出会える人が少なくなると思ってください。
例えば希望する条件が、年齢は2人に一人、年収は10人に一人、居住地は10人中3人とすると・・・
50%×10%×30%・・・=???となるわけです。
条件が増えていくほど出会える確率が減っていくということは覚えておいてください。

それを肝に銘じて、自分の本当に大切な人を見つけられてはいかがでしょうか?



ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください