生活

焦げ付かないフライパン/スイスダイヤモンドのフライパン

こんにちは。

ひろです。

ここのところ天気も晴れ間が見えるようになり、ようやく太陽光発電がまともに稼働するようになってきました。

9月10月は太陽光発電量がイマイチで、若干赤字になっていたのでここで挽回して欲しいものです。

とはいっても、日が昇るのが遅く、日が落ちるのがかなり早くなってきましたね。

さて、今日は台所用品のお話です。

結婚して5年目ですが、私たちはお互い一人暮らししてたときに使用していたものを持ち寄ってきてるものが多いです。

結婚後に新しく購入したのは、エアコン、テーブルセット、食器棚、ソファくらいが新しく購入したもので、あとは元々二人がそれぞれ使用してきたものが古くなりパソコンや炊飯ジャー、冷蔵庫、ポットなどは買い換えをしています。

鍋などは結婚時に二人とも持っていたので、今までのものを使っていたのですが、結婚して半年程経過しても、まるが餃子を焼くときに毎回鍋に貼り付いて焦げてしまっていたので、料理の腕のせいなのかなんなのか・・・と思っていました。

本人曰く、こんなに焦げ付いたことは無いと言っていたので、ならなぜこんなに毎回焦げるんだと不思議でした。

元々まるが持っていた鍋は一人暮らし用の鍋と中華鍋、私は知人から昔購入したAmwayの鍋セットを持っていたので、私の持ってきた鍋で料理すればいいのに~と言っていたのですが、どうも使い慣れたものが良いらしく、炒め物や焼き物をするときは中華鍋を使っていました。

しかし、この中華鍋が曲者でした。

気がつかなかったのですが、よく見たら底が変形してて平らになっていなかったのです。

それじゃ~温度が一定にならずに焦げやすい所ができるわけだなぁと気づいたのは結婚してから半年位経った頃でした。

そこで、クリスマスに新しい鍋を買ってもらうことにしました。

こちらのスイスダイヤモンドのフライパンです。

スイスダイヤモンド フライパン 26cm 蓋つき IH対応
by カエレバ

結構高かったのですが、これを使ってもらうと・・・全く焦げ付かないようになりました。

それまでは毎回中華鍋に思いっきり貼り付いて、食事の後タワシで一生懸命擦って焦げ付いた鍋を洗っていたのですが、この鍋が来てからは焦げ付いて擦るということが一切ありません。

ホント助かっています。

腕のせいではなく、鍋のせいだということがよく分かりましたが、貼り付かないので油も少なくて済むようで、炒め物や焼き魚、焼肉などはこのフライパンを使って作ってもらっています。

サイズもいくつか種類があり、一戸建てに引っ越してからはもう1個サイズ違いで購入しました。

Swiss Diamond ソテーパン 蓋付き 28cm SWD6728i
by カエレバ

一応、温め中の所に水で急冷却しない方がよいと説明には書いてあるので、途中で水を入れる料理などはお湯を入れるようにしています。

また、食後に洗うときも十分冷めてから洗うようにしています。

一戸建てに引っ越す前はガスだったので最初に購入したフライパンは裏面の底が汚れてしまっていますが、後から購入したフライパンは購入して1年は経過していますが、IHでしか使用していないので焦げつきもガスの火で炙る事も無いので汚れがほとんどなく、洗えばすぐに汚れも落ちるので綺麗に使えています。

あ、もちろん、熱を通しすぎれば料理は焦げるので、熱加減には注意が必要です。

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください