住宅関連

我が家が一条工務店で家を建てた理由と他社比較 ~自分達にあったいい家を建てるため~

こんにちは。

ひろです。

今日は久しぶりに住宅関係の事を書こうと思います。

我が家で一条工務店さんに決めて家を建てて住み始めたのは2016年です。

契約は2015年の10月に行いましたが、家を建てようと決めたのは2015年の3月でした。

2015年3月から2015年10月までの7ヶ月は各ハウスメーカーさんとの打ち合わせを行いながら、最終的に一条工務店さんに決めたわけですが、我が家ではかなりの件数のハウスメーカーさんを回っていたと思います。

最終的には各ハウスメーカーさんを回ってきて、最終的に残ったのが一条工務店さんでした。

候補として残ったのが、ヘーベルハウスさん、三井ホームさん、一条工務店さんでしたが、最終的には価格がモノをいったかたちです。

他には営業さんとの相性も大きな要素だったと思います。

他のメーカーさんの悪口をいうわけではないですが、他のメーカーさんは我が家の条件や営業さんとの相性が合いませんでした。

我が家が回ったメーカーさんで、契約に至らなかった名の通ったメーカーさんは以下のメーカーさんです。

住友林業さん

我が家は木造を建てたかったので、基本的に鉄筋鉄骨の家はあまり考えていませんでした。

そこで一番真っ先に訪問したのが住友林業さんでした。

住友林業さんの家は「林業」が付くだけあって、木材はいいモノを使っているんだろうな~という印象でした。

正直、ここで建てられればいいかなとも思いましたが、我が家では最初に訪問したこともあり、具体的に何も決まっていないことで漠然としすぎていて、こちらの要望を引き出せる程の営業さんの会話力も弱く、タイミングや相性が合わなかったのだと思います。

お見積もりをお願いしましたが、間取りをある程度伝えても、最終的な提案が出てこず、ざっくりの価格しか出てきませんでした。

ざっくりの価格でも高いと思ったので、コレは無理だなと思って、2~3回お会いしてお断りを入れた感じです。

最終的に一条さんに決める前にもう一度商談して、希望価格に近かったらもしかしたら・・・と思う事もありますが、当時はホントに最初の何も分からず手探りでのメーカーさん訪問だったので、お互い細かい所まで話しができずに終わった事が悔やまれる感じです。

どちらかというと営業さんは、いい家だから欲しい人は買ってくれるだろうという待ちの姿勢が強い感じでした。

三井ホームさん

我が家ではわりと早い時期に訪問したハウスメーカーさんです。

ここが最終候補まで残っていたのですが、ここも価格が折り合いませんでした。

もう一押しの価格であれば、一条工務店さんの前に契約して、家を建ててたと思います。

営業さんは結構親身になって、色々と提案してくれたり、間取りも何度か図面を引き直し、最終的に細かい所の金額まで出てきて、値引きも大幅に行って提案してくれたのですが、価格がどうしても合いませんでした。

あと200万位安くなっていれば・・・ですが、かなりの値下で無理だろうなぁという感じでした。

間取りは収納が少なく、どうしても収納を付けようとすると価格が跳ね上がってしまうのですよね。

逆に収納家具を買うと家が狭くなってしまうし、家具を買う分の現金を確保しておく必要を考えると、予算よりかなりオーバーしてしまうんですよね。

一応、値引きの交渉をしてかなり値引きの見積がでてきましたが・・・最終的には契約に至らなかったです。

三井ホームさんが最後まで残りましたが、最後であきらめた感じです。

ヘーベルハウスさん

我が家は木造住宅を希望していたので、あまり興味が無かったのですが、展示場来場プレゼントのチラシに誘われて行ってしまいました。

一番感心したのは、営業の方がしっかりしていることです。

情報の引き出しも沢山持っていて、営業トークも上手でした。

正直、木造住宅を希望していましたが、営業さんの熱意とキャンペーンでのプレゼント、土地の紹介に惹かれて、一度仮契約をしてしまいました。

実は我が家、最初はヘーベルハウスさんと仮契約したのに最後は一条工務店さんで建てたんですよね。

間取りが確定せずにキャンペーンの締め切りの関係で仮契約してしまった事もあり、仮契約後にあれこれ話をして間取りを変えてくとどんどん価格が膨れ上がり、このままじゃマズいと思い解約させてもらいました。

ヘーベルハウスの営業さんには悪い事をしたなぁと思いますが、我が家もその分解約で違約金をそれなりの額支払っているので、そこはお互い様と割り切るしかないかなぁと思います。

そして、きちんと話をして解約に応じてくれた営業さんには本当に感謝しています。

上記3メーカーさんが最初に訪れたメーカーさんです。

他にも数件地元の工務店さんやハウスメーカーさん、面識のあるメーカーさんなどへの見積依頼をしましたが、ここでは割愛します。

家を建てると決めて最初の2ヶ月程でヘーベルハウスさんに一度決めてしまった事もあり、しばらくヘーベルさんとの打ち合わせをしましたが、仮契約後の数度の打ち合わせ途中でヤバいと思い、ヘーベルさんを解約させてもらい、三井ホームさんと夏頃まで打ち合わせをしました。

三井ホームさんでも価格が合いませんでしたが、ヘーベルさんや三井ホームさんで打ち合わせて、ある程度自分達が欲しいと思う間取りが具体的になっていたので、残りは欲しい間取りで予算に合うメーカーさんを探すしかありませんでした。

積水ハウスさん

住友林業さん、ヘーベルさん、三井ホームさんときて、次に訪問して見積を依頼したのが積水ハウスさんです。

マルの両親が以前積水ハウスさんで建てて、いい家だったということで、それならと思い行ってみました。

積水ハウスさんは木造住宅もありますが、鉄骨の方がメインのようで、木造の方は高級住宅っぽかったです。

我が家で間取りをこんなふうにしたいと手書きでの間取りを出したところ、メーターモジュールになると言う話になりました。

そう、他のメーカーさんが間取りでは尺貫法を使った間取りをしているのに対し、積水ハウスさんはメートルでの間取りなのですよね。

そこでこちらの提示した間取りを設計し直すと1.3倍位の面積になり、価格も跳ね上がりました。

見積では当然折り合いがつかなかった三井さん、ヘーベルさんより下回る価格でないと無理と、予算は伝えていたのですが、伝えた予算を1千万も上回る見積を出してきました。

そこで「絶対損はさせませんから是非契約を」と言われましたが、さすがに予算を1千万も上回る契約は無理と断りました。

正直、積水ハウスさんが一番見積価格が高く、こんな高級住宅あるかっって感じだったので、詳細見積が出た時点で営業さんのこちらの希望を汲まない対応に速攻で断りを入れました。

コロナの今そんな契約をしていたらそれこそ住宅ローンに苦しんでいただろうなぁと思います。

住友不動産さん

積水ハウスさんを断った後訪問したのが住友不動産さんです。

住友不動産さんはどちらかというとリフォームやマンションのイメージがありました。

訪問して話を聞くと、当時はまだあまりこの地域では住宅の販売量が少ないということでキャンペーンを行っていて、30坪までは一律の価格、30坪から坪数増えるとオーバーした坪数×○○万円という感じでした。

そこで計算すると、結局そこそこの価格が出てしまうのですよね。

見積を出してもらった時に相見積もりを取り出した一条工務店さんと比べて、一条工務店さんの価格と変わらなかったので、それなら自分達が希望する木造住宅の方がいいということで、住友不動産をお断りしました。

結局最後に残った一条工務店さん

我が家の予算があったので、予算をオーバーしたヘーベルハウスさんよりも価格を安く抑えたいということで、一条工務店さんに決めました。

正直ここに来るまで紆余曲折がありましたが、それまで一条工務店さんに行かなかったのは、一条さんは一部キッチンなどの設計が自社仕様だからというところで、融通が利きづらいと思って躊躇っていたのですよね。

それ以外の気密性とか、窓が3重窓だとかはここまで来ると調べて知っていたので、性能的には良いことは知っていたのですが、融通性で躊躇っていました。

でも、ここまでくると一条工務店さんに行って相談してみても一緒かもと思い、訪問しました。

キッチンメーカーさんのキッチンなどに変える事は可能なので、見積をしてもらいましたが、変えると差額分が相当跳ね上がるということが分かりました。

決めたのは価格もありますが、当時それでも結構一条工務店さんの家は建設ラッシュだった感じでもわりと早く問い合わせの返事をもらったり、住宅の性能がそれなりに良かった事です。

確かに他のメーカーさんと比べると、キッチンなどは一条さん仕様なものがあり、融通性が悪い部分はありますが、それでも結構早く回答してくれて、一部難しい提案なども検討してくれたりして、打ち合わせも何度も行い、最終的に納得した形で契約ができました。

契約後の設備内装のなどの打ち合わせでは多少金額が振れましたが、下振れして、最初の契約から30万程安くなった形です。

ヘーベルハウスさんの家を契約した時と比べると類似の間取りで300万程は安くなっていました。

更にヘーベルさんでは契約よりも打ち合わせで跳ね上がってた価格から考えると、一度解約するというリスクを取りましたが、それでも一条さんで安くなった分解約して良かったかなと思います。

安くできた事がいいのかどうかは住んでからの自己満足次第になりますが・・・

いい家とメーカーさんに出会えるコツは

そんな感じで我が家は一条工務店さんで家を建てましたが、メーカーさんを決めていい家を建てるるコツは

1.どんな家(間取りと性能)を建てたいかを事前に確定する
2. 予算と資金
3. 営業さんとの相性
4. タイミング

だと思います。

どれかが欠けているとうまく家が建たないと思います。

どうしても予算や資金繰りの関係であきらめてしまった部分や失敗したと思った部分もありますが、満足度は合格点のラインで建てられたと思います。

アフィリエイトのアクセストレード

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください