住宅関連

床暖房の盲点

こんにちは。

ひろです。

毎日寒い日が続きますね。

我が家は1Fは24時間床暖房をつけっぱなしにしています。

そのおかげで、それ以外の暖房器具は電気あんかをたまにつける程度で、エアコンやこたつ、ファンヒーターなどは使っていません。

部屋の気温はいつもだいたい20度くらいあるため、さほど寒くは感じないです。

ところが、この時期にやってしまいがちな失敗があります。

今の新築の我が家に住み始めてから3回目の冬で、まだ慣れていないせいか、ついついやってしまうのですよね。

というのが、食品(鍋の中)を冷蔵庫に入れずに出しっぱなしにしてしまうことです。

冬の間は床暖がなければ結構家の中でも冷えるはずなので(事実実家は寒かったので)冷蔵庫に食品を入れなくても数日はもつという間隔で鍋の中に作った料理がそのまま出しっぱなしにするのですが、その習慣がなかなか抜けきらないのですよね。

そんなわけで、今週失敗してしまいました。

まるが外出で最終便で帰ってくるということもあり、前日におでんを作っておいてもらいました。

翌日、仕事から帰宅して帰って、煮込んだおでんを少し温めて食べて、残ったものはそのまま鍋に置いて、IHの上に鍋ごと置いておきました。

翌々日食べようとしたら・・・・既にカビが生えてしまっていました。

おでんなので、具はほとんど買ってきたものですが、多少多めに作って何日か食べるために大根やコンニャクなど足しておいてもらったのですが・・・わずか1回分の食事で終わってしまいました。

3食分くらいはあったのに残念です。

そもそも冷蔵庫に入れておけば・・・とは思いますが、冷やして温めてまた冷まして冷蔵庫に入れると思うと、食べる前に温めるのに時間がかかるし、食べた後も鍋が冷えるまで冷蔵庫に入れるまで待っているのに時間がかかるしで、ついつい置きっぱなしにしちゃうんですよね。

冬の時期だから大丈夫って思っていても床暖があるとこういう部分は忘れがちになるので気をつけたいところです。

なお、他にも、ジャガイモやタマネギなどを常温保管するときも床暖の効かない場所に置いておくことをオススメします。

というのも、暖かいので、成長が早いのですよね。

我が家では玄関納戸があるので、そちらに置いて保管しましたが、逆に玄関納戸に保管していたのを忘れて芽がでてきてしまった事がありますが・・・・

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください