住宅関連

ハニカムシェードと窓

こんにちは。

ひろです。

ご無沙汰してしまっています。
おそらく来週から本業も落ち着き、ミカン切りも明日で終了となりそうなので、来週末はゆっくり過ごせそうです。

今日のミカン切りは朝5時半起床で、6時半出発。7時半から切り始め、夕方4時半終了になりました。

明日は我が家からはもう少し遠いミカン畑へ行くそうなので、5時起きになるため、今日は少し早く寝るつもりです。

ミカン狩りのつもりで最初ははじめたのですが、気づいたら付き合いは15年。16年目になり、人生の4分の1位の期間お手伝いに行っていることになります。

今年は本当に人が多く、新しい方が増え、遠くは九州の方から泊まりで来てる年配の方もいて、車で寝泊まりしていると聞いてちょっとびっくりしています。

時々ボランティアに全国各地に行くらしいので、すごいなぁと感心しますが、時間とお金と健康な身体があるからできることですよね。

私たちも定年を迎えたら、二人でキャンピングカーを買って全国各地回れたら楽しいかもしれないな~なんて思っています。

さて、前置きが長くなりましたが、今日はハニカムシェードのお話です。

ハニカムシェードには2種類あるのはご存じでしょうか?遮熱と遮光遮熱の2種類です。

我が家では大きな窓にはハニカムシェードを付けていますが、1カ所だけ遮熱にしました。

しかし、実際には遮光遮熱の一択でよかったと思っています。

寝室の窓は東側と南側2カ所あり、東側は朝日が入るので遮光遮熱を付けたのですが、南側の片方は遮熱だけを付けました。

しかし、実際夏場は明け方は明るくなってしまうのが早く、ハニカムに遮光カーテンをしてても明るくなってしまうので、結構早く目が覚めます。また、具合が悪くて昼間寝たい時に遮熱だけだと微妙に明るいので眠れないということがわかりました。

きっと、どこでも寝れるような方はいいのでしょうが、私は結構まるがトイレに行くのにも気づいて目が覚めるので、明るいとなかなか眠れないということに気づきました。

また、階段途中の上の手の届かない場所に採光用の窓を取り付けたのですが、ここはカーテンも何も付けなかったのですが、ハニカムシェードをつけておけばよかったと思います。

というのも、夜中寝ている時に起きた後、トイレに行くときにこの窓から外の電灯の明かりが入ってくるので、目が覚めてしまうのですよね。

遮熱の効果は、ハニカムをしてて、少し隙間をあけていないと結露するというお話を聞くので、ある程度の効果はあると思っていますが、遮光の方は使ってみないとその効果や必要性が分からないので、できるならハニカムシェードをつけるなら遮光遮熱にしておいた方がよいです。

実際、他の遮光遮熱のハニカムシェードは完全に光を遮ってくれるので、本当に部屋が真っ暗になります。

遮光カーテンもあるからと思ってましたが、遮光カーテンでも完全には光が遮られないので、もうひとつです。

ぐっすり眠りたい方にはハニカムシェードおすすめです。

ABOUT ME
ひろ
40代サラリーマンで、職場では現在貿易関係の仕事してます。 無料サイトでのブログ歴は長いですが、今回初めて自分でサイトを立ち上げました。 キーワード 潰瘍性大腸炎(5年経過)、家庭菜園、資産運用、仮想通貨、アジアンドラマ、読書、ライトノベル、漫画、北海道(10年住んでた)、サッカー、ランニング、など日々家事と仕事に追われながら楽しんで生活してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください